ライブ・イベント

関ジャニ∞ドームライブ18祭2022】チケット当選倍率は?当落結果や一般発売はいつ?ツアー日程やグッズ販売は?

関ジャニが、2022年冬にドームライブ『関ジャニドームLIVE18祭」』を開催します。

通算9度目のドームライブ(ツアー)となっています。

また、2022年7月にはスタジアムライブ『18祭』も開催していました。

今回は関ジャニ∞ドームライブのチケット当選倍率の予想、チケット受付や一般発売について、当落結果の発表日、ツアー日程などを紹介します。

関ジャニ∞ドームライブ18祭2022】チケット当選倍率の予想は?

関ジャニ∞ドームライブ(ツアー)のチケット当選倍率の予想について紹介します。

2022年7月25日時点で日程や公演数はまだ発表されていませんが、ライブ会場については発表されています。

関ジャニ∞は7月にスタジアムライブを開催しており、そちらは各会場2公演ずつ開催していました。

そのためドームライブも各会場2公演ずつ開催すると仮定して、当選倍率は約1.8倍~約2.5倍と予想しました。

ここからは算出方法を解説します。

日程や会場の収容人数(キャパシティ)

ドームライブ(ツアー)の会場や最大収容人数がこちらです(日程は分かり次第追記します)。

日程 会場 最大収容人数
未発表 【東京】
東京ドーム
55,000人
未発表 【愛知】
バンテリンドームナゴヤ
(ナゴヤドーム)
49,692人
未発表 【大阪】
京セラドーム大阪
55,000人
未発表 【福岡】
福岡PayPayドーム
52,500人

今回は、全国4ヶ所が予定されています(会場については開催順ではないため、ご注意ください)。

各会場で2公演ずつ開催する場合の収容人数の合計は、424,384人になります。

《2公演ずつ開催する場合》

  • 【東京】東京ドーム
    55,000人×2公演=110,000人
  • 【愛知】バンテリンドームナゴヤ(ナゴヤドーム)
    49,692人×2公演=99,384人
  • 【大阪】京セラドーム大阪
    55,000人×2公演=110,000人
  • 【福岡】福岡PayPayドーム
    52,500人×2公演=105,000人

計424,384人

申込人数は?

関ジャニ∞のファンクラブ会員数は公表されていないため、わかりませんでした。

調べてみたところ、「約760,000人」という情報がありましたので、今回の申込人数は「760,000人」から計算します。

チケット当選倍率の予想は?

ここからは倍率を計算していきます。

今回の倍率は『チケット申込数÷収容人数』で計算します。

また、上述の通り、各会場で2公演ずつ開催する場合で計算しています。

仮に、760,000人人から7割がチケット2枚を申し込む場合、

1,064,000枚÷424,384人=約2.5倍

となり、倍率は約2.5倍になります。

760,000人から5割がチケット2枚を申し込む場合は、約1.8倍になります。

計算した倍率予想のまとめがこちらです。

【倍率予想まとめ(2022年7月25日時点)】

  • 7割がチケット2枚を申し込む場合:約2.5倍
  • 5割がチケット2枚を申し込む場合:約1.8倍

ただ、申込人数などについても推測のため、実際とは異なる場合があります。

あくまで個人の予想なので、目安としてご覧ください。

また、正式な日程や公演数が発表された際には、そちらで計算した倍率予想へ更新します。

関ジャニ∞ドームライブ18祭2022】チケット受付は?一般発売はある?

チケット受付の日程やチケット料金などについても、まだ発表されていません。

分かり次第追記します。

関ジャニ∞ドームライブ18祭2022】チケット当落結果の発表はいつ?

当落結果の発表日についても分かり次第追記します。

関ジャニ∞ドームライブ18祭2022】日程や概要まとめ!グッズ販売はある?

日程の詳細やグッズ販売など、こちらも分かり次第追記します。

ライブ日程

▼【東京】東京ドーム

▼【愛知】バンテリンドームナゴヤ(ナゴヤドーム)

▼【大阪】京セラドーム大阪

▼【福岡】福岡PayPayドーム

関ジャニ∞がドーム公演を開催するのは、約3年ぶりとなっています。

また、上述の通り、2022年7月にはスタジアムライブも開催していました。

今回のドームライブは、スタジアムライブ最終公演で発表されています。

『18祭』の公式Twitterでは、スペシャルティザーなどが公開されています。

グッズ販売は?

グッズ販売についてもまだ発表されていないので、分かり次第追記します。

×